メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平田への期待、のぼり三つ 平田商工会議所、決定前に準備 /島根

平田商工会議所の玄関前に登場した平田高の甲子園出場を祝うのぼり=出雲市平田町で、岩崎誠撮影

 <センバツ2020>

     平田商工会議所(会頭=大谷厚郎一畑電気鉄道会長)は、平田高(出雲市平田町)のセンバツ出場を祝い、活躍を願うのぼりを三つ玄関前などに掲げ、ムードを盛り上げている。

     高さ約2メートルののぼりは青地に白で「祝 甲子園出場」「平田高等学校」と縦書きし、一番下に横書きで「平田商工会議所」と記す。長さ約4メートルの垂れ幕もかけられている。

     大谷会頭によると、のぼりと垂れ幕は出場決定前に用意した。「力をつけてきているのであるんじゃないかと」。ただし「センバツ」「第92回」などは書き入れず、夏の甲子園にも対応できるようにしたという。【岩崎誠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト