メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たな伝統へ

県岐阜商の挑戦/中 投手編 的絞らせず、守り抜く /岐阜

トレーニングに励む森大河投手(手前)ら投手陣=岐阜市則武新屋敷の県岐阜商で

 強打を支え勝利に導くのは、多彩な投手陣を中心とする守りの堅さだ。エースの森大河投手(2年)、昨秋の県大会でエースナンバーを背負った野崎慎裕投手(1年)の二枚看板に加え、西内勇人投手(2年)、松野匠馬投手(1年)ら、最速140キロ以上の投手5人による継投で接戦をものにしてきた。

     森投手は最速145キロの直球を軸に、スライダーも織り交ぜて三振を取るのが持ち味だ。野崎投手も140キロ超の直球を武器に、内角を攻めて的を絞らせない投球を得意とする。鍛治舎巧監督は投手陣に「最速140キロ以上」「(投球スピード)高低差40キロの緩急」の二つを課した。日々のブルペンでの投球でも一球ずつ速度を計測し続けてきたことで、投手力は目に見えて向上した。

     だが道のりは起伏が多かった。主力の森投手は昨春の県大会前、練習試合で右手を骨折。長期間、練習に合流できず、球速は本来より約10キロ落ちて130キロ台に。それでも、上半身が使えない間は下半身を重点的に鍛えた。体重は約7キロ増加し、以前は前のめりがちだったフォームも安定感を増した。球速も取り戻し「センバツでは150キロを投げたい」と意気込む。

     森投手の離脱中、下級生ながら投手陣を支えたのが野崎投手だ。昨夏の岐阜大会で先発、リリーフ、抑えとフル回転。昨秋の県大会ではエースとして見事優勝に導いた。東海大会では、復活した森投手が背番号1を担い、自身は18番だったが全3試合で先発。計12回を投げ12奪三振と力投した。

     手応えを感じながらも、野崎投手は反省点を挙げる。「決勝の中京大中京(愛知)戦では、今まで相手を抑えてきた球を打たれて負けた。縦の変化を取り入れて左打者を攻めないといけない」と投球の幅を広げる必要性を痛感。スライダーとカーブに加え、新たにフォークを習得した。森投手ら他の投手陣もフォークやツーシームを持ち球に加えることで、相手打者に的を絞らせない投球を目指す。

     今春のセンバツでは、「1投手の投球数は1週間に500球まで」と甲子園大会で初めて球数制限が導入される。鍛治舎監督は「多くの投手を使えということ。エースに偏らない継投は以前からやっている」と、勝ち抜く手応えを感じている。【横田伸治】

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト