メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートスタイル

センバツ平田 第3部 横顔点描/1 古川雅也投手/三島毅輔捕手 /島根

エースとしてチームをけん引する古川雅也投手=出雲市平田町の平田高で、鈴木周撮影

 第92回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場で3月19日開幕)に21世紀枠で出場する平田。初の甲子園に挑む選手たちの横顔を紹介する。【鈴木周】

    堅守の要に立つエース 古川雅也(ふるかわ・まさや)投手(2年)

     2019年度秋季県大会で先発3試合を含む4試合に登板。自責点1と力投し、中国大会初戦では強打の尾道商(広島)を完封。緩急を付けた制球力が持ち味で、エースとして堅守の先頭に立つ。

     尾道商戦では内角低めを徹底して突き、球威あるストレートにスライダーやカットボールを織り交ぜ、六回まで無安打に抑えた。県大会の準決勝と決勝で適時打を放つなど打者としても勝負強い。

     好きな言葉は「報われるまで努力」。ストレートの球威を高めようと重さ3キロのボールを指でつかんで離す練習に取り組み、「高いレベルの打者から空振りを取りたい」と闘志を燃やす。植田悟監督は「この時期にしては良い仕上がりだ」と目を細める。

    「攻めのリード」心がけ 三島毅輔(みしま・きすけ)捕手(2年)

    正捕手として投手陣からの信頼も厚い三島毅輔捕手=出雲市平田町の平田高で、鈴木周撮影

     昨年秋の公式戦全7試合に捕手として先発。捕球後の素早い判断と正確な送球が持ち味で、チームの窮地をたびたび救った。相手打者が嫌がる「攻めのリード」がモットー。

     県大会の開星戦では、先発した高橋大樹選手(2年)の持ち味を生かそうとスプリット中心の配球を組み立て、相手打線を手玉に取った。高橋選手は「投げたい球種をくみ取ってリードしてくれる」と信頼を置く。中国大会・尾道商戦の八回、無死二、三塁とされた場面では三塁走者の大きなリードを見逃さず、矢のようなけん制球でアウトにした。

     「死球が怖い時もあるが、相手の弱点を思い切って要求するのが仕事。頭を使ったリードで勝利に貢献したい」と意気込む。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト