メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頑張れ!!仙台育英

努力、情熱で優勝の花咲かせて 菊地健次郎・多賀城市長(73) /宮城

菊地健次郎多賀城市長=市提供

 甲子園出場、誠におめでとうございます。校舎と練習グラウンドがある多賀城市にとっても大変喜ばしいことです。市民とともに心よりお祝い申し上げます。高い目標を持ち、厳しい練習を乗り越えてきた選手のみなさんの努力、そしてそれを支えてきた人たちの尽力に敬意を表します。

     少年時代に野球をやっていた程度で、長らく野球から遠ざかっていましたが、私も一度だけ甲子園に行ったことがあります。2015年夏の甲子園、決勝の東海大相模(神奈川)戦。惜しくも準優勝でしたが、大観衆の甲子園はすごいなと思いました。今回も決勝戦まで勝ち進んだら見に駆け付けます。

     今大会は令和初のセンバツ。令和といえば(原典となった万葉集で取り上げられた)梅。梅の花言葉は「不屈の精神」。これはまさに、育英野球部に当てはまる言葉だと思っています。選手一人一人のこれまでの努力と情熱が、必ず優勝という花を咲かせてくれると期待しています。

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト