メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ出場、校名揮毫 伊予高書道部員 3校プラカード担当 /愛媛

センバツのプラカードに使う校名を揮毫した伊予高書道部の部員たち=愛媛県松前町北黒田の県立伊予高で、遠藤龍撮影

 「書の甲子園」の愛称で親しまれている「第28回国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)団体の部で四国地区優勝に輝いた県立伊予高の書道部が、3月19日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第92回選抜高校野球大会の開会式で使われるプラカードの校名を揮毫(きごう)した。半紙に一文字ずつ記した校名は、デジタルデータ化されプラカードに転写される。

     書の甲子園で地区優勝した全国11校が分担し、伊予高は広島新庄(広島)、尽誠学園(香川)、明徳義塾(高知)の3校を担当した。2年生の女子部員3人が筆を執り、それぞれ半紙100枚分練習を繰り返して入場行進に映える力強い作品に仕上げた。

     「広島新庄」を担当した水口藍璃(あいり)さん(17)は「力強い線をイメージして書いた。みんなで勝利をつかんでほしい」と語る。

     「尽誠学園」を担当した今井美月さん(17)は「普段よりも墨を濃くして、粘り強いプレーを願った」と選手たちにエールを送った。

     「明徳義塾」を担当した大隅愛歩(まなほ)さん(17)は「何度も甲子園で聞いたことのある学校。書は力強さを意識した。開会式では堂々と行進してほしい」と話した。【遠藤龍】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト