メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取城北のプラカード 岡山・倉敷商生が揮毫 /鳥取

プラカードを揮毫した倉敷商書道部員(前列)と同校の野球部員=岡山県倉敷市白楽町の倉敷商業高校で、松室花実撮影

 <センバツ2020>

     第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)に中国地区から出場する3校のプラカードを、倉敷商(岡山県倉敷市白楽町)の書道部員が26日に揮毫(きごう)した。3月19日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)である開会式の入場行進で掲げられ、各校を先導する。

     同書道部は「書の甲子園」として知られる「国際高校生選抜書展」で、2019年に中国地区優勝を果たした。プラカードの揮毫は8年ぶりの出場を果たした自校と鳥取城北、平田(島根)の3校分を担当した。

     鳥取城北を書いた桑木梨帆さん(2年)は「選手たちに頑張ってほしいという気持ちを込めて書いた」。平田を担当した平田千晴さん(2年)は「自分と同じ名前で縁を感じて立候補した。今回書いた3校で切磋琢磨(せっさたくま)して戦ってほしい」とエールを送った。自校のプラカードは石倉朋佳さん(2年)が揮毫した。【松室花実】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト