メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一貫の春

センバツ・広島新庄 支える人たち/1 選手の成長うれしい 学生コーチ・飛谷陸広さん(2年) /広島

練習を見守る飛谷陸広さん=三次市で、手呂内朱梨撮影

 北広島町にある広島新庄のグラウンド。その周囲で、ダッシュを繰り返す選手たちに活を入れる2年生部員がいた。「走れ!」。飛谷陸広(ひやたかひろ)さん。2019年夏の大会後、兄に続いてチームをサポートする「学生コーチ」に就いた。迫田守昭監督は「精神的な柱という意味では、主将より学生コーチの方が上」と全幅の信頼を寄せる。

     兄暁儀(あきのり)さんは15年、チームが夏の甲子園に出場したときの学生コーチだった。「自分は選手として甲子園に出て、兄を超えたい」。同じ広島新庄に進み、内野手の定位置取りを目指して練習に励んだ。ただ、しのぎを削ったチームメートは各地から集まった精鋭だ。迫田監督から学生コーチを打診されたときは一旦拒んだが、決意した。

     誰かがサポート役に回らなければ、チームは機能しないと思った。「それができるのは自分しかいないんじゃないか」

     学生コーチは指導者と選手の間に入り、練習では指示も出す。ノックをこなし、投打の記録もこまめにつける。チームは19年の秋季中国大会で4強入りし、センバツ出場に王手をかけた。選手間に浮ついた雰囲気が流れたとき、電話で兄から「今が一番大切な時期。お前が流されるな」と言われた。チーム全体に目配りしていた兄のすごさを感じた。「同じ学生コーチとして尊敬している」と話す。

     「お前のお陰で甲子園に行けることになった」。センバツ出場決定後、迫田監督からそう言われた。「プレーできないのはつらいけれど、試合に勝つこと、選手が成長していくことがうれしい」。背番号のない学生コーチが、広島新庄を支えている。【手呂内朱梨】

         ◇

     第92回選抜高校野球大会の開幕までひと月を切った。出場を決めた広島新庄で、陰ひなたにチームを支える人たちを紹介する。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト