メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明徳義塾 選手紹介/8 /高知

畑中仁太選手(1年)=須崎市で、北村栞撮影

 <センバツ2020>

    得意のカーブで抑える 畑中仁太選手(1年)

     身長183センチの長身から投げ下ろす、大きく曲がるカーブが武器の右腕。変化球を生かすため、ストレートの制球力向上に力を入れている。

     中高と明徳義塾に通った5歳年上の兄の影響で、中学から同校に進学した。中学時代は登板機会を得られない日々が続いたが、黙々と練習に打ち込み続けた。高校進学後の2019年8月、新人戦で念願のマウンドに。準々決勝では完封勝利を飾った。「ここまでやってきて良かった」と静かに喜びを語る。明治神宮大会2回戦にも途中登板。強豪・中京大中京打線を相手に、味わったことのない緊張感の中で投げる大きな経験を積んだ。

     センバツでは、チームが窮地を迎えた際の登板が予想される。「全力で抑えます」と意気込む。

    判断力と守備力に自信 玉城琉選手(2年)

    玉城琉選手(2年)=須崎市で、北村栞撮影

     守備力に定評がある外野手。「幼い頃から相手打者によってポジショニングを変えるよう意識してきた」といい、判断力と守備範囲の広さに自信を見せる。

     父の影響で小学1年の頃に野球を始めた。明徳義塾に進学後は守備力を買われ、入部直後から有力な先輩選手とノック練習に参加するメンバーに選ばれた。しかしレベルは高く、失策を連発。けがも重なり、徐々にメンバーから遠ざかっていった。悔しさから「野球部をやめようか」との考えもよぎったが気持ちを立て直して必死にしがみつき、チーム内での信頼と評価を積み上げた。

     ベンチに入れるありがたみは誰よりもわかっている。「チームの士気を高めたい」と試合内外での貢献を誓う。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト