メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ甲子園

「最後まで」健闘誓う 明豊・大分商両校、知事表敬 /大分

センバツ出場を報告するため広瀬知事を表敬訪問した両校の選手ら

 3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)に出場する明豊と大分商の選手らが26日、県庁で広瀬勝貞知事を表敬訪問してセンバツ出場を報告した。

     両校の選手や学校関係者ら約40人が参加。明豊の岩武茂代校長は「昨年より更に力強いチームに仕上がった。甲子園で一つでも多く勝ち上がれるよう頑張りたい」。大分商の佐藤恵二校長は「23年ぶりの出場。県民の皆さんに勇気と元気と感動をお届けできると信じている」と述べた。

     広瀬知事は「県内から2年連続で2校のセンバツ出場は大分の歴史上初めて。甲子園でしっかりと勝ち残ってほしい」と激励した。

     明豊の若杉晟汰主将(2年)は「身が引き締まる思い。最後まで諦めない明豊野球をして日本一を目指す」と健闘を誓い、大分商の川瀬堅斗主将(同)も「チームの課題、個人の課題を見直し練習を重ねてきた。甲子園では大分商最高のベスト4以上を目指す」と決意を新たにしていた。

     その後、明豊の岩武校長、川崎絢平監督、赤峰淳部長、若杉主将らは毎日新聞大分支局など報道各社を訪問した。大分商は大分市が市役所で開いた激励壮行会に参加。佐藤樹一郎市長は「野球少年の心に残るようなプレーを期待します。大分旋風を巻き起こしてください」と激励した。【河慧琳、白川徹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト