メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

後半勝負・尽誠学園、選手意気込み

安東賢志選手/井上陽生選手/岡本佳樹選手/尾崎直央選手 /香川

安東賢志選手(1年)=善通寺市の尽誠学園グラウンドで、喜田奈那撮影

感謝を胸に戦う 安東賢志選手(1年)

 18年ぶりのセンバツで、18年ぶりの校歌を55人全員で歌います。出場メンバー18人をスタンドから必死で応援します。センバツ出場は地元で支えてくれた方々のおかげでもあるので、感謝の気持ちを持って戦います。

    先輩らサポート 井上陽生選手(1年)

    井上陽生選手(1年)=善通寺市の尽誠学園グラウンドで、喜田奈那撮影

     センバツでいろいろなことを学びたいです。先輩たちのプレーや自分たちの力がどこまで通用するのかを見て、自分たちの代になった時にきちんと生かしたい。先輩たちのサポートをしっかりしたいです。

    食らいつき勝つ 岡本佳樹選手(1年)

    岡本佳樹選手(1年)=善通寺市の尽誠学園グラウンドで、喜田奈那撮影

     春の甲子園は18年ぶりで、長く出場できていませんでした。出場できた今回は強豪校がそろっていますが「向かって行く」という気持ちを忘れずに、食らいついていって勝てるように一丸となって頑張ります。

    粘り強さで応援 尾崎直央選手(1年)

    尾崎直央選手(1年)=善通寺市の尽誠学園グラウンドで、喜田奈那撮影

     野球を始めてからずっと目指していた場所にチームとして行けてとてもうれしいです。秋季大会を通じて試合での終盤の粘りが身につきました。この粘り強さで歴代最高記録の4強を超えるために全力で応援します。=随時掲載

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト