メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たな伝統へ

県岐阜商の挑戦 選手紹介/4 2年生内野手 球場が沸くプレーを /岐阜

2年生内野手たち。手前左から水谷優幸、高橋大翔、服部圭吾、守田健太、2列目左から清水大和、國枝耕介、多和田尚旗、広田光晟、佐々木泰

 水谷優幸 二塁手や遊撃手を務める。身長159センチと小柄だが、「捕球するまでの軽やかさはチーム一です」と胸を張る。「手押し車の速さで日本一になりたい」

     高橋大翔 二塁手。「達成感がある」とフィジカルトレーニングが好きで、ベンチプレスは内野手トップの95キロを上げる。「ウエートでは誰にも負けたくない」とトレーニングに励む。

     服部圭吾 守備の要を担う正遊撃手。ミスの少ない守備に、鍛治舎巧監督も「秋からぐっと成長した」。センバツでは「甲子園球場が沸くプレーをしたい」と意気込む。

     守田健太 三塁手。フィジカル強化に取り組み、太ももの太さはチーム有数。鍛えた体を生かし「甲子園練習でホームランを打ちたい」。

     清水大和 二塁手を中心に内野を幅広く守る。昨秋の地区大会で、けがの影響でメンバーから外れるも「正確な守備をもっとうまくなりたい」と奮闘。

     國枝耕介 以前は捕手も務めていた。大柄な体とフルスイングが持ち味。「自転車での通学中、地元住人から『頑張れよ』と声をかけられるのがうれしい」とモチベーションを高める。

     多和田尚旗 1番打者で、自他共に認める「スピードスター」。「記録にも記憶にも残るプレーをしたい」と夢の舞台に胸を膨らませる。

     広田光晟 流し打ちが持ち味で、「ピンチでもチャンスでも活躍できる選手になりたい」と意気込む。練習成果を試合で発揮できたときが一番の喜び。

     佐々木泰 チームを束ねる主将で、三塁手の他、投手も務める。強打も魅力で、練習中には校舎の敷地を超える打球も。「センバツ優勝」が目標。

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト