メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たな伝統へ

県岐阜商の挑戦 選手紹介/5 2年生外野手 活躍する姿イメージし /岐阜

2年生外野手たち。手前左から塚原大河、岩田涼、神川真之介、河村凌嗣、2列目左から柘植政也、佐竹秀也、山田蓮、宇野敏基の各選手=岐阜市則武新屋敷の県岐阜商で

 塚原大河 現在は左翼を守るが、正右翼手の時期も長かった。「下を向かない気持ちが売り」。練習以外の時間も、試合で自分が活躍する姿をイメージして気持ちを高める。

     岩田涼 外野のどのポジションもこなし、速く正確な送球が持ち味。昨秋の東海大会準決勝では終盤に同点に追いつく適時打を放ち、「4割以上の打率を維持したい」とさらなる打力向上に励む。

     神川真之介 内外野どこでもこなすユーティリティープレーヤー。鍛治舎巧監督からも「神川の調子が上がり、守備の安定感が増した」と期待される。「現在167センチの身長を180センチにするのが目標」

     河村凌嗣 「アップの時の元気は誰にも負けない」と気持ちを前面に出す左翼手。手押し車の練習では、スピードを塚原選手と競い合う。好きな食べ物は「お母さんが作ってくれる鍋」。

     柘植政也 長打力が持ち味の右翼手。走者を置いての打撃練習、通称「爆走」でホームランを量産するのが目標。持ち前のコントロールをボウリングでも生かし、ベストスコアは190を超える。

     佐竹秀也 180センチ80キロ超と大柄の右翼手。「接骨院で酸素カプセルに入っているときが好き」。「もっと遠くに、勢いよく打球を飛ばしたい」と持ち味のパワーが生み出す長打力に磨きをかける。

     山田蓮 50メートル5・8秒という俊足を生かした守備範囲の広さが売りの中堅手。「もっと体を大きくしてスピードもパワーも上げたい。記録を更新するのが楽しい」と日々ウエートトレーニングに励む。

     宇野敏基 状況判断力に優れる「頭脳派」。一方で入部後はトレーニングも欠かさず、体重は10キロ以上増え現在は75キロに。「突然練習がオフになった日にカラオケに行くのが好き」

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト