メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜は「高校野球として独自に判断」 日本高野連事務局長 無観客開催前提に準備中

阪神甲子園球場

 日本高校野球連盟の小倉好正事務局長は9日、日本野球機構(NPB)とサッカー・Jリーグが共同設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会合にオブザーバーとして出席した。終了後、東京都内で取材に応じ、第92回選抜高校野球大会(19日開幕、阪神甲子園球場)の開催について「高校野球として、独自に判断させていただくことになる」と述べた。

 選抜大会は無観客での開催を前提に準備しており、11日の臨時運営委員会で開催が可能か協議する。小倉氏は「(感染症専門家の)先生のご意見を持ち帰り、11日の会議に向けて準備したい」と話した。また、四国など春季大会の中止が相次いでいることが選抜大会の開催に影響を及ぼす可能性については「すべての情報を得た上での(11日の)判断になる」との認識を示した。【芳賀竜也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト