メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こんな状況だから笑顔を 明豊選手ら別府市役所訪問 「全員で日本一取る」若杉主将が決意 /大分

長野市長に健闘を誓う若杉主将(左)

 <センバツ甲子園>

     19日開幕予定の第92回選抜高校野球大会に出場する明豊野球部の選手らが9日、別府市役所を訪問した。長野恭紘市長に大会出場を報告し、健闘を誓った。

     若杉晟汰主将(2年)や布施心海選手(同)、野上真叶選手(同)、川崎絢平監督、岩武茂代校長らが出席。

     長野市長は「平常心で今できることを最大限やってください。別府に明るさを届けてほしい」と激励したうえで、「しっかり食べてしっかり寝て、試合まで存分に力を蓄えてください」と選手の体調を思いやった。

     若杉主将は「こんな状況だからこそ、皆に笑顔を届けられるように全員で日本一を取ります」と決意を述べた。野上選手も「しっかりできることをやり、自分たちのプレーを甲子園で発揮します」と意気込んだ。【河慧琳】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト