メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肩落とす県勢2校 選手ら願いかなわず /群馬

開催中止の受け止めを語る健大高崎の戸丸秦吾主将=群馬県高崎市の同校で

 <センバツ高校野球>

     19日に阪神甲子園球場で開幕予定だった第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)は11日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止が決まった。無観客開催で準備が進められていただけに、県勢の健大高崎と桐生第一の両校監督や選手らは一様に肩を落とした。【妹尾直道、高橋努】

    悔しいが夏へ 健大高崎・戸丸主将

     「正直悔しいが、他の全国大会も中止になっているので、しょうがないと思う。(気持ちの変化が)追いつかず、心と体が別々のような感じ」。午後6時過ぎ、高崎市の健大高崎高校で報道陣の取材に応じた戸丸秦吾主将(2年)は複雑な心境を語った。

     昨秋の関東大会で優勝し、明治神宮大会でも県勢最高の準優勝。悲願の「日本一」達成に向けて待ちわびていた甲子園だった。戸丸主将は「(夏に向けて)もう一回甲子園に来たいという気持ちをどれだけ強く持てるか、選手に浸透させたい。ここでへこたれると意味がない。主将として前を向いて突き進みたい」と話した。

     青柳博文監督は「気持ちを切り替えて、夏に向けて悔しさを晴らそうと選手たちに話したい」と述べた。

    記者会見で、時折言葉を詰まらせた桐生第一の今泉壮介監督(右)=群馬県桐生市の同校で

    努力には感謝 桐生第一・今泉監督

     桐生第一高は、味戸克之校長、今泉壮介監督、佐藤秀太郎部長が記者会見した。休校期間中のため選手は自宅や寮で待機しており、広瀬智也主将(2年)に中止を伝えた佐藤部長は「『はい』と答えるだけで、言葉少なでした。明日、部員全員を集め、今後について話し合うことになります」と語った。

     今泉監督は「高野連は開催に向けて最大限の努力をしてくれたと思う。感謝したい。しかし、生徒の気持ちを思うと胸が痛む。彼らにとって甲子園は最大の目標ですから。前を向いてしっかり取り組もうと言うべきでしょうが、私自身、あした彼らになんと言葉を掛けたらよいか、いまは思いつかない」と、目を潤ませた様子で話した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト