メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春季高校野球 沖縄で開幕

沖縄セルラースタジアム那覇で始まった高校野球の春季沖縄大会

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、高校野球の春季大会が相次いで延期や中止となる中、春季沖縄大会が25日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇などで開幕した。選抜大会が史上初めての中止となり、大きな衝撃を受けた高校球界に再び球音が響いた。

 沖縄県高野連によると、31日までは無観客で開催。4月以降については状況を見て判断する。感染者が出た場合には、大会の休止や中止も視野に入れているという。

 那覇―北谷の1回戦は延長十三回タイブレークまでもつれる熱戦となった。惜しくもサヨナラ負けした那覇の銘苅航大主将は「他の地域は春の大会ができていない中で、沖縄大会ができて本当にうれしい」と実感を込めた。感染予防のため、選手や大会関係者は朝に検温し、37・5度以上の場合は入場を禁止する。球場の各所には消毒液が設置された。試合後の校歌斉唱なども取りやめた。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです