メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北勢悲願、優勝旗の「白河越え」 甲子園準V経験3校の監督が語る課題と現状

2012年夏の甲子園準々決勝で、桐光学園の松井裕樹(左)から2点二塁打を放った光星学院の北條史也。ともにプロで活躍中だ=久保玲撮影

 高校野球は、新型コロナウイルスの感染拡大で、47都道府県の春季大会が中止になり、夏の全国選手権地方大会の開催の見通しも立っていない。春のセンバツを含め、甲子園で唯一、優勝していない地区が東北だ。夏の甲子園に限れば過去10年で準優勝4回。悲願の優勝旗獲得への課題や現状を、監督に電話で聞いた。【上鵜瀬浄】

この記事は有料記事です。

残り1820文字(全文1972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです