メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Ball STORY

ストイックなのは「当たり前」 1軍級の動きを見せる楽天ドラ2・黒川に注目

高卒新人ながらキャンプから存在感を示した楽天・黒川=東京ドームで2020年3月13日午後4時34分、生野貴紀撮影

 球団史上2人目の快挙はお預けとなった。楽天のドラフト2位ルーキー、智弁和歌山高出身の黒川史陽(ふみや)内野手(19)は、キャンプからオープン戦まで1軍で完走。そのまま開幕を迎えていれば、2016年のオコエ瑠偉外野手(22)以来球団2人目の高卒新人野手での開幕1軍となっていた。新型コロナウイルスの感染拡大でプロ野球の開幕は見通せず、黒川の起用も不透明だが、24時間野球のことを考えているという期待のスラッガーはシーズンの到来を待ちわびている。

 首脳陣の予想を裏切り続けた。黒川の1軍帯同は当初、久米島キャンプまでだった。経験を積ませるための「お試し」期間だったからだ。ところが、1軍レベルの選手に引けを取らない体力や練習態度を見せ、練習試合でも結果を残した。オープン戦も14試合に出場し、18打数4安打2打点。内野手にけが人がいたこともあり、お試しどころか戦力として期待されるようになっていった。

この記事は有料記事です。

残り2103文字(全文2502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです