メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「判断材料足りない」「評価できない」ドラフトで頭抱えるスカウト陣 夏の甲子園中止決定

第101回全国高校野球選手権大会で観客でいっぱいになった阪神甲子園球場=兵庫県西宮市で2019年8月11日午前11時29分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 夏の甲子園中止を受け、プロ野球のスカウトからは「評価ができない」「判断材料が少なく、非常に難しい」との声が上がった。アマ野球は春のセンバツの他、全日本大学選手権や社会人の日本選手権も中止になっており、各球団は11月に予定されている新人選手選択(ドラフト)会議の戦略作りで頭を悩ませそうだ。

 ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクは「安全第一なので判断は尊重したいが、例年並みの水準のドラフトは難しくなる」との見通しを示した。橿渕デスクは、練習で確認できる選手の球速や足の速さに加え、「試合に向けた調整能力や、緊張感のある中で力…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです