メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「判断材料足りない」「評価できない」ドラフトで頭抱えるスカウト陣 夏の甲子園中止決定

第101回全国高校野球選手権大会で観客でいっぱいになった阪神甲子園球場=兵庫県西宮市で2019年8月11日午前11時29分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 夏の甲子園中止を受け、プロ野球のスカウトからは「評価ができない」「判断材料が少なく、非常に難しい」との声が上がった。アマ野球は春のセンバツの他、全日本大学選手権や社会人の日本選手権も中止になっており、各球団は11月に予定されている新人選手選択(ドラフト)会議の戦略作りで頭を悩ませそうだ。

 ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクは「安全第一なので判断は尊重したいが、例年並みの水準のドラフトは難しくなる」との見通しを示した。橿渕デスクは、練習で確認できる選手の球速や足の速さに加え、「試合に向けた調整能力や、緊張感のある中で力…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです