メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園中止 県高野連、代替大会開催へ準備 週末中心、無観客で /岡山

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で第102回全国高校野球選手権大会と予選にあたる地方大会が中止になったことを受け、県高野連は21日に理事会を開き、独自の代替大会開催に向けて準備する方針を固めた。今後、県教委の部活動再開の指針や日本高野連の運営ガイドラインを検討し、6月4日の理事会で開催可否を最終判断する。

 この日は、夏休みが短縮される可能性が高いことから週末を中心に日程を組み、従来の岡山大会で予定していた7月10日の開幕を18日に遅らせることを確認。開催する場合は無観客試合とし、抽選会を6月27日に各校の責任教師か監督が参加して行うことや、感染防止のため全チームが集う開会式は実施しないことを決めた。

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです