メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「心だけでも甲子園に」 沖縄6校の監督ら、「栄冠は君に輝く」歌う動画配信

[PR]

夏の甲子園大会が中止となり、落ち込む全国の球児に「栄冠は君に輝く」を歌ってエールを送る沖縄の高校野球監督ら=動画投稿サイト「ユーチューブ」から

 目指せ心の甲子園――新型コロナウイルスの感染拡大による夏の甲子園大会の中止で落ち込む全国の高校球児を励まそうと、沖縄県内の高校野球部監督有志が20日夜、大会歌「栄冠は君に輝く」を歌いつなぐ映像を動画投稿サイトで配信した。発案した興南高の我喜屋優(がきや・まさる)監督は「何らかの形で球児たちを励ましたかった。物理的には甲子園に行けなくなったが、心だけでも甲子園の雰囲気を届けたかった」と思いを語る。

 動画(https://www.youtube.com/watch?v=ZhOHXQ9J5hU)は約3分間。▽興南▽宜野湾▽糸満▽中部商▽沖縄尚学▽美里工――の6校の監督と部長らが三線(さんしん)とピアノで演奏される「栄冠は君に輝く」を歌いつなぐ。沖縄の代表校が甲子園出場を決めた時の様子やアルプス席での応援風景の写真も挿入。最後に「目指せ心の甲子園」と声をそろえて拳を突き上げ、「全国の高校球児にエールを送ります!想(おも)いは一つ!夢をもって逆境を乗り越えよう!」と呼び掛ける。

 2010年に史上6校目の甲子園春夏連覇を達成するなどの経験を持つ興南の我喜屋さんが「みんなで『栄冠は君に輝く』を歌って発信しよう」と美里工の神谷嘉宗(よしむね)監督に電話で提案したのは、既に一部で「中止」の報道が出ていた18日の深夜。神谷さんは快諾し、すぐに教え子で沖縄でミュージシャンとして活動するミヤギマモルさんと連絡を取り、編曲を頼んだ。

 神谷さんは19日夜に出来上がった曲を6校の監督らに送り、20日に各校で動画を撮影。ミヤギさんらが編集し、大会中止が発表された20日夜に配信した。神谷さんは「生徒たちは泣き伏せっているし、こっちも涙が止まらない。だから、すぐに動画を配信したかった。少し音痴で、本当はもっとうまく歌えるが、スピードを優先した」と語る。

 動画を紹介した神谷さんのフェイスブックには「元気と勇気をいただいた。前を向いて頑張りましょう」「何とか県大会だけでも開催できれば」とコメントが届く。神谷さんは20日、自身が監督を務める美里工の部員にも「どんな形にしろ、最後の試合の場はつくるから、諦めずに自主トレーニングを頑張れ」とLINE(ライン)で励ました。全国の球児には「甲子園はなくなったが、甲子園を目標に心身を鍛えるという高校野球の精神を見失ってほしくない」と呼び掛ける。

 発案した我喜屋さんも歌声を披露。完成した動画を見て「恥ずかしかった」と照れるが、全国の球児にメッセージを送る。「目指す山がなくなったという現実は受け止めるしかないが、これを機にいろいろなことを学んで将来、大輪の花を咲かせてほしい。敗戦から学ぶというのがスポーツだ。逆境は乗り越えるためにある」【遠藤孝康】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです