メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替の高校野球県大会開催へ「選手の気持ち切り替えられる場に」長崎

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で夏の全国高校野球選手権大会と地方大会が中止となったことを受け、長崎県高野連は22日の運営委員会で、長崎大会に代わる独自の大会を7月に開催することを決めた。

 長崎大会には56校が出場予定だったが、6月12日までに代替大会への参加校を改めて募る。同19日に組み合わせ抽選会を実施し、7月上旬の開幕に向けて準備を進める。「3密」を避けるため、開会式は省略。試合は長崎市の県営野球場など県内3会場で開催する。

 県高野連は解決すべき課題として離島校の選手が移動する際の感染リスクなどを挙げ、「県内の感染状況が悪化すれば中止もあり得る」とした。

 県高野連の西田哲也会長は記者会見で「野球に一生懸命に取り組んできた選手たちが、進学・就職に向けて気持ちを切り替えられる場になってほしい」と話した。【中山敦貴】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです