メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

(その1) 甲子園中止、努力は宝 病と闘い、コロナに向き合い 主将「仲間と代替大会に」

 愛知県豊橋市の自宅の部屋で一人、スエット姿でスマートフォンを手にしていた。「夏の甲子園、中止決定」。病と闘いながら白球を追ってきた県立豊橋西高3年で野球部主将、谷町源(はじめ)(18)の目にニュース速報が飛び込んできた。20日午後、日本高校野球連盟は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夏の全国高校野球選手権大会の中止を決めた。何も手につかず、1時間以上、ぼんやりとしていた。

 思えば、一度は諦めたはずの野球だった。小学3年の時、右足のペルテス病と診断された。大腿(だいたい)骨の先端が壊死(えし)し、変形する病で、6歳ごろから痛みを感じていたが、検査を繰り返しても病名がつかないでいた。プロ野球の中日ファンで、スポーツ少年団で野球を始めたばかりだったが、治療実績が多い滋賀県の病院で手術し、約2カ月入院した。野球を続けながら定期的に検査を受けたが、状態が思わしくなく、中学2…

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです