メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

(その1) 病も、中止も、越えて 豊橋西野球部・谷町主将 今はただ、試合がしたい

ガッツあふれる守備が身上の谷町源=家族提供

 愛知県豊橋市の自宅の部屋で一人、スエット姿でスマートフォンを手にしていた。「夏の甲子園、中止決定」。病と闘いながら白球を追ってきた県立豊橋西高3年で野球部主将、谷町源(はじめ)(18)の目にニュース速報が飛び込んできた。20日午後、日本高校野球連盟は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夏の全国高校野球選手権大会の中止を決めた。何も手につかず、気づけば1時間以上、ぼんやりとしていた。

 思えば、一度は諦めたはずの野球だった。小学3年の時、右足のペルテス病と診断された。大腿(だいたい)骨の先端が壊死(えし)し、変形する病で、6歳ごろから痛みを感じていた。プロ野球の中日ファンで、スポーツ少年団で野球を始めたばかりだった。手術し約2カ月入院。状態が思わしくなく、中学2年時に再手術した。しばらく松葉づえ生活を強いられ、卒業と同時に競技から離れるつもりでいた。

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです