メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“松井5敬遠”28年後の馬淵×林対談

「勝負になったら敬遠するかも」作戦は山下監督へ事前に伝えられていた(第1回)

第74回全国高校野球選手権大会2回戦【星稜-明徳義塾】5打席連続で敬遠の四球になった星稜の松井

 高校野球史に、今も引き継がれる記憶がある。1992年8月16日、第74回全国高校野球選手権大会2回戦、明徳義塾(高知)が星稜(石川)の4番・松井秀喜(元米ヤンキース)に一度もバットを振らせないまま勝利し、物議を醸した「5打席連続敬遠」だ。あれから28年、当時から指揮を執る明徳義塾の馬淵史郎監督(64)と当時2年生遊撃手で出場した星稜の林和成監督(44)が、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」で対談した。5打席連続敬遠の真相や甲子園初戦20連勝を誇る馬淵監督の試合の極意などを語り合った。2人の対談の模様を動画とともにお伝えする。【構成・安田光高】

松井だけ「プロがいるという感じ」

 92年夏、就任3年目で2度目の甲子園に臨んだ馬淵監督。当時36歳の青年監督が敬遠策を取った理由は、強打者・松井の存在に加えて、試合の組み合わせが大きく影響した。

 馬淵監督 うちだけが唯一、(対戦相手が決まっていない)2回戦からの登場。たまたま1回戦の星稜と長岡向陵(新潟)の勝者を待ち受ける組み合わせになった。

阪神甲子園球場の名物だったラッキーゾーン

 星稜は91年秋の明治神宮大会で優勝。翌92年春はラッキーゾーンが消えた甲子園で、松井が1回戦の宮古(岩手)戦で2打席連続を含む1大会3本塁打の大会タイ記録を達成。夏は優勝候補の一角だった。

 馬淵監督 (1回戦は)星稜が勝つだろうと。私は神戸のノンプロにいたので、星稜の練習を神戸製鋼のグラウンドに見に行き、長岡向陵との試合も見た。ちょっと松井君だけ、プロがいるという感じだった。

 敬遠策は組み合わせが決まった段階から考えていたという。ただ、敬遠ありきではなく、状況を見て判断しようとした。

第74回全国高校野球選手権大会1回戦(星稜-長岡向陵)、五回裏星稜1死一、二塁、松井が右中間に2点打を放つ=阪神甲子園球場で1992年8月11日

 馬淵監督 全打席、はじめから敬遠するというわけではなかったですね。勝つ可能性があるなら敬遠もするぞ、と最初から公言していた。山下(智茂)監督にも『勝負になったら敬遠するかもしれませんよ』と前もって言っていた。

 馬淵監督は、星稜とのチームの力差を感じていた。敬遠策はそれを埋めるための作戦だった。

 馬淵監督 (1回戦で勝利したチームを2回戦で待ち受ける)あの組み合わせは難しいよ。何年か前に勝率を聞いたけれど、ほとんど待ち受けるチームが負けている。よっぽど力の差がない限り、1回戦から(勝って)きた方が強い。大会7日目は(開幕の)1週間前に甲子園入りしているから、2週間ほど練習だけ。ましてや試合もできない。そういう状態でモチベーションを保つのが大変だった。

 対照的に、星稜の林監督には手応えがあった。2番・遊撃手で出場した1回戦の長岡向陵戦では2安打1打点と活躍した。

第74回全国高校野球選手権大会1回戦(星稜-長岡向陵)、八回裏星稜無死二、三塁、林が右前適時打を放つ=阪神甲子園球場で1992年8月1日

 林監督 なんちゃってヒットばっかり(笑い)。でも1回戦は快勝という形で、先輩も私たちも調子が良かった。万全の状態で(明徳義塾に)挑んでいった。

 自信を持って2回戦に臨んだ星稜。馬淵監督は、星稜の自信を揺らがせることで勝機を見いだそうとした。=つづく

星稜・松井が5連続敬遠された打席(1)
星稜・松井が5連続敬遠された打席(2)

5打席連続敬遠

 第74回全国高校野球選手権2回戦で、明徳義塾が星稜の4番・松井秀喜に取った敬遠策。第1打席は一回2死三塁、第2打席は三回1死二、三塁、第3打席は五回1死一塁、第4打席は七回2死走者なし、第5打席は九回2死三塁からの敬遠だった。第4打席になるとスタンドから「勝負、勝負」と怒声が上がり、第5打席の敬遠後にはスタンドからメガホンなどが投げ込まれ、一時中断した。試合は3―2で明徳義塾が逃げ切った。試合後に日本高校野球連盟の牧野直隆会長(当時)が異例の記者会見を行い「敬遠も作戦の内だが、走者のいない打席は勝負してほしかった」と述べた。「ルールに基づく戦術」「勝利至上主義」と賛否両論が起こった。

明徳義塾

 1976年創立の中高一貫の私立校。野球部も同年創部した。甲子園初出場は明徳時代の82年春。夏は初出場の84年から2014年まで初戦16連勝。02年夏に甲子園初優勝。4強以上は松坂大輔(西武)を擁した横浜(神奈川)に敗れた98年夏を含め、春夏計6回。春は19回出場で25勝18敗、夏は20回出場で34勝19敗。

星稜

 1962年に創立し、野球部も同年創部。山下智茂監督が率いて72年夏に甲子園初出場。79年夏の3回戦、箕島(和歌山)との延長十八回の激闘は「高校野球史上最高」の試合とも呼ばれる。95年夏には2年生エース・山本省吾(元ソフトバンク)を擁して準優勝。2019年夏も準優勝に輝いた。春は14回出場で9勝13敗、夏は20回出場で24勝20敗。

馬淵史郎

 まぶち・しろう 愛媛・三瓶高、拓大では遊撃手。1986年に社会人野球・阿部企業の監督として日本選手権準優勝。87年から明徳義塾高のコーチを務め、90年に監督就任。甲子園は2002年夏に優勝。春夏通算51勝(32敗)は歴代4位タイ。U18(18歳以下)アジア選手権大会に出場する高校日本代表監督も務める。同校スポーツ局長。

林和成

 はやし・かずなり 金沢市出身。星稜高では主に遊撃手として活躍し、甲子園に春1回、夏2回出場。日大では準硬式野球部に所属。星稜高で1998年からコーチ、2004年から部長をそれぞれ務め、11年4月に監督に就任した。春夏通算11勝7敗。2019年夏の甲子園では奥川恭伸(ヤクルト)を擁して準優勝した。社会科教諭。

第74回全国高校野球選手権大会2回戦、明徳義塾-星稜の試合結果
毎日新聞のアカウント

8月10日の試合

話題の記事

関連サイト