メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ32校が8月に交流戦 甲子園で各校1試合 高野連主催

阪神甲子園球場=兵庫県西宮市で2020年6月10日午前10時39分、本社ヘリから

 日本高校野球連盟は10日、新型コロナウイルス感染拡大で中止となった第92回選抜高校野球大会の出場校の試合機会を設けるため、8月に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に32校を招待し、「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」(日本高野連主催、毎日新聞社、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)を開くと発表した。交流試合は8月10~12日、同15~17日の計6日間、各チーム1試合ずつ計16試合を原則、無観客で行う。抽選会は7月18日に各校主将が参加しオンラインで行われる予定。

 選抜大会は開催8日前の3月11日に中止となったが、その際に八田英二・日本高野連会長が「(出場校に)甲子園の土を踏ませてあげたい」と救済策に言及していた。八田会長は記者会見で「救済策と感染リスクの点から、こういう手法を選ばせてもらった。春の出場校は(甲子園への)切符を持っていた。全国の3年生部員の代表という思いで精いっぱいプレーしてほしい」と話した。

 開会式などは行わないが、日本高野連に委嘱された委員で構成する実行委員会で、リモート開会式の検討や感染者が出た場合の対応など詳細について協議する。感染防止のため、移動手段の制限や滞在日数を短くすることで交流試合の開催を実現する。

 甲子園大会については、今夏の第102回全国高校野球選手権大会が全49代表を決める地方大会も含めて5月20日に中止が決定。選抜大会とともに、史上初めて同一年の両大会が中止になった。【藤田健志】

全力で支援します

 私たちは春の選抜高校野球大会が中止となって以降、日本高校野球連盟などとともに32校の救済策を検討してきました。その後、夏の甲子園も中止となる中、今回、形は異なりますが、センバツを目指した球児たちの夢を一部でもかなえることができるようになりました。交流試合が選手ら関係者の安全を確保しつつ開催され、成功するよう全力で支援するとともに、紙面やニュースサイトを通じてファンの皆様の期待にお応えいたします。

毎日新聞社

毎日新聞のアカウント

8月16日の試合

話題の記事

関連サイト