メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球 独自大会対戦決まる 組み合わせ抽選 来月18日開幕 /滋賀

 新型コロナウイルスの感染拡大で中止された全国高校野球選手権滋賀大会に代わる独自大会「夏季県高校野球大会」(県高野連主催)の組み合わせ抽選会が27日、開かれた。トーナメント方式で7月18日に開幕し、皇子山球場(大津市)▽湖東スタジアム(東近江市)▽県立彦根球場(彦根市)――の3会場で熱戦を繰り広げる。決勝は8月9日の予定。

 例年は各校の主将がくじを引くが、感染防止の観点から県高野連理事が代理抽選を行った。今大会には2019年の滋賀大会より1校多い53校が出場。湖南農・石部・信楽・甲南▽愛知・長浜農――がそれぞれ連合チームを結成し、昨年と同じ49チームで競う。秋季県大会4強の近江▽立命館守山▽綾羽▽伊香――がシード校となる。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです