メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球 タイブレーク制、本格導入 県独自大会、延長十回から実施 /富山

 新型コロナウイルスの影響で中止になった第102回全国高校野球選手権富山大会の代わりに開く独自大会について、県高野連は開催要項を発表した。試合時間を短縮して感染を防ぐ観点から、あらかじめ走者を置いた状態で延長戦を行う「タイブレーク制」を本格導入する。

 独自大会の正式名称は「TOYAMA2020高校野球大会」(県高野連主催、朝日新聞社後援)。7月23日~8月11日の予定で県営富山野球場など5球場で行う。大会の開催条件として、県内の緊急事態宣言が解除されていること、各種自粛要請や部活動制限の枠…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです