メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球 独自大会、対戦決まる 88チーム参加 軟式の14校も /広島

夏季広島県高校野球大会組み合わせ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった第102回全国高校野球選手権広島大会に代わる独自大会「夏季県高校野球大会」(県高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が28日、中区のJMSアステールプラザで開かれ、3回戦までの対戦カードが決まった。連合チームを含む88チームの90校が参加し、7月11日に開幕する。【池田一生】

 密集状態を避けるため、県高野連の理事が代理で抽選した。2019年夏の広島大会を制した広島商は英数学館、中止となった今春のセンバツに出場を確定させていた広島新庄は広島工大高との1回戦にそれぞれ臨む。19年センバツに出場した呉と広陵は同じブロックに入った。4回戦以降は再抽選し、順調に日程を消化すれば8月8日に決勝を迎える。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです