メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

球児の夏、開幕 感染対策し白球追う /秋田

熱戦が始まった=秋田市のこまちスタジアムで

 新型コロナウイルスの影響で中止された夏の全国高校野球選手権大会の秋田大会に代わる独自大会が9日、開幕した。感染防止のため開会式は行われず、秋田市のこまちスタジアムなど5球場で1回戦10試合が行われた。【下河辺果歩】

 人けのまばらな球場に時折響く快音――。コロナ禍の中で球児たちの夏が始まった。

 この日、こまちスタジアムでは第1試合で秋田西と西目が対戦した。観客席に入場できるのはベンチ入りがかなわなかった野球部員と保護者(部員1人に対して2人まで)に限定され、保護者らはマスク姿でスペースを空けて陣取り、好プレーが出ると拍手でエールを送った。

 試合中に選手たちがマウンドに集まる時には、グラブを口元に当てて会話するなど、選手たちも感染対策に配慮しながら懸命に白球を追った。

この記事は有料記事です。

残り1168文字(全文1505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです