メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

龍谷大平安、初戦を零封 あやべ球場の3試合は順延 /京都

【農芸・朱雀・京教大付-嵯峨野】四回裏嵯峨野無死満塁、大橋の適時内野安打で三塁走者に続いて二塁走者の松岡が生還し11点目=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、中島怜子撮影

 高校野球の独自大会「夏季府高校野球ブロック大会」(府高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は第2日の12日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)と太陽が丘球場(宇治市)で1、2回戦計6試合があった。

 甲子園で春夏通算4回の優勝を誇る龍谷大平安は、初戦を零封勝ち。甲子園出場経験校同士の対決は京都成章が東宇治を降した。京都国際は2本の本塁打で快勝した。

 あやべ球場(綾部市)で開催予定だった1、2回戦計3試合は雨のため、18日に順延。A~Dブロックの決勝は26日に延期された。F~Hブロックの決勝開催日は未定。【中島怜子】

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです