メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球県独自大会 開幕戦 日田林工が完封 佐伯鶴城コールド勝ち /大分

【日田林工ー国東】七回表日田林工1死三塁、4点目の適時打を放つ大坪智哉選手

 全国高校野球選手権大分大会に代わる県独自大会(高野連主催)が14日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで開幕した。ほとんどの3年にとって最後の公式試合となる大会で、43校が熱戦を繰り広げる。これまで開会式には出場全チームがそろって善戦を誓ったが、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、開幕戦で当たる初戦の日田林工と国東の野球部のみの参加となった。

 日田林工の左藤優弥主将(3年)が「特別な経験を今後の人生の糧とできるように、この大会を通じて成長します。高校3年生のために開催していただいたこの大会、最後の1球まで諦めず全力でプレーします」と力強く宣言した。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  3. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  4. 俳優のデビッド・プラウズさん死去 スター・ウォーズ「ダース・ベイダー」役

  5. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです