メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

例年以上「熱い」夏 出場39校激戦開幕 /島根

【出雲農林-大東】八回裏大東1死三塁、舟木のスクイズで大坂が還り勝ち越し(捕手・三代)=出雲市大社町北荒木の県立浜山公園野球場で2020年7月17日午後1時54分、小坂春乃撮影

 高校野球の県独自大会「令和2年度県高校夏季野球大会」は17日開幕し、県立浜山公園野球場(出雲市)など3球場で1、2回戦計8試合があった。大東は出雲農林を接戦で降した。このほか三刀屋、松江東、江津工などが勝ち進んだ。【小坂春乃】

元気と勇気届ける 平田・保科主将

 ○…県立浜山公園野球場では開幕戦に先立ち、出場39校を代表して平田の保科陽太(ひなた)主将(3年)があいさつに立ち、「支えていただいた方々に元気と勇気を届けられる、例年以上に『熱い』夏にすることを約束する」と誓った。植田悟監督やチームメートに相談して考えた言葉という。大役を終えた保科主将は「緊張したが、コロナ禍を乗り越えようという気持ちがしっかり伝わったのではないか。ホッとしている」と話した。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです