メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

東海大山形、零封勝利 鶴岡東など8強出そろう /山形

【米沢工-東海大山形】五回裏東海大山形1死、桑山が左越え本塁打を放つ=山形市落合町のきらやかスタジアムで2020年7月23日、藤村元大撮影

 県独自の高校野球大会「県高校野球大会2020」は23日、3回戦の8試合が行われた。各地区を勝ち抜いた16チームが熱戦を繰り広げ、ベスト8が決まった。

 きらやかスタジアム(山形市落合町)では、昨夏の地方大会覇者の鶴岡東が登場。持ち味の堅実な野球を展開し、犠打を絡めるなどして8得点し、七回コールド勝ちを収めた。

 同球場の第2試合では、甲子園出場経験がある東海大山形が桑山(3年)の本塁打などで米沢工をつきはなし、七回コールドで準々決勝に駒を進めた。【藤村元大】

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 「クラクションに腹が立った」 あおり運転の疑いで中学校教諭を書類送検 兵庫

  5. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです