メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球県独自大会 明豊、猛攻18得点 佐伯鶴城は逆転勝ち /大分

【佐伯鶴城-大分雄城台】九回表佐伯鶴城2死二塁、同点となる平井選手の適時打で生還する蛭子凌太郎選手

 高校野球の県独自大会(県高野連主催)の2回戦1試合と3回戦2試合が23日、大分市青葉町の別大興産スタジアムであった。2回戦の大分東明は玖珠美山を5―3で制した。3回戦は第1シードの明豊が三重総合に18―4のコールド勝ち。佐伯鶴城は大分雄城台に4―3で逆転勝ちした。24日は同スタジアムで3回戦3試合がある。【辻本知大】

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです