メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥尻高 コロナから「島、守りたい」 部員が選んだ高校野球独自大会辞退

奥尻高3年の(左から)成田青空さん、主将の横山海斗さん、マネジャーの川田蓮さん=奥尻町で2020年6月24日、真貝恒平撮影

 島を守りたい――。この夏、こうした思いから高校野球独自大会への出場を辞退した学校がある。北海道南西沖に浮かぶ奥尻島(奥尻町)唯一の高校、奥尻だ。新型コロナウイルスが離島に広まるリスクを考え、部員自ら決断。引退する3年生3人は「高校野球のもう一つの終わり方」を選んだ。

 5月下旬、マネジャーの川田蓮さん(3年)のスマートフォンが鳴った。電話の主は、主将の横山海斗さん(同)。彼はこう切り出した。「もし、独自大会があったらどうする?」

 夏の甲子園と地方大会の中止が発表されたばかり。道内では独自大会の開催が模索されていた。出場すれば、川田さんは記録員として公式戦初のベンチ入りを果たすはずだった。…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです