メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

旭川大高、逆転勝ち 帯広農、2戦連続コールド 北大会へ /北海道

完封勝利を挙げ南大会進出を決めた立命館慶祥の渡辺投手(左から2人目)=菊地美彩撮影

 高校野球の道独自大会(道高野連主催)は25日、9地区で21試合があった。旭川地区では昨年まで2年連続で夏の甲子園に出場している旭川大高が逆転勝ち。十勝地区では今夏の甲子園交流試合に出場する帯広農が2戦連続でコールド勝ちし、それぞれ北大会進出を決めた。26日は函館など4地区で代表決定戦9試合があり、南北北海道大会に出場する計32代表が出そろう。【高校野球取材班】

 ▽Gブロック代表決定戦

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです