メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球県独自大会 佐伯鶴城、明豊降す 1-0 粘り強さで完封 第3シード対決、大分舞鶴がコールド勝ち /大分

【明豊-佐伯鶴城】四回裏佐伯鶴城無死二、三塁、石井選手の適時打で生還した瀧選手

 高校野球の県独自大会(県高野連主催)の準々決勝2試合が27日、別大興産スタジアム(大分市青葉町)であった。センバツ交流試合に出場する第1シードの明豊が、ノーシードの佐伯鶴城との投手戦の末、0―1で敗れる波乱があった。交流試合に出場する明豊、大分商と、昨年の県大会覇者の藤蔭がベスト4を前に姿を消した。大分舞鶴は大分工に10―2で八回コールド勝ちし、第3シード同士の対決を制した。28日は同スタジアムで準々決勝2試合がある。【辻本知大】

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです