メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

大垣日大、激闘制す 昨夏の雪辱、逆転でV /岐阜

【大垣日大-中京】延長十一回裏中京2死一塁、岩木を三振に打ち取り優勝を決め、マウンドに駆け寄る大垣日大の選手たち=岐阜市の長良川球場で、大竹禎之撮影

 高校野球の県独自大会は2日、岐阜市の長良川球場で決勝があり、大垣日大が中京を延長十一回、6―5で降し、優勝した。昨夏の岐阜大会と同カードとなった決勝は、昨年準優勝の大垣日大が雪辱を晴らした。

 優勝校の大垣日大は、17日に同球場で行われる三重県の独自大会優勝校との交流試合に出場する予定。【熊谷佐和子、横田伸治】

 <長良川球場>

この記事は有料記事です。

残り1248文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. ORICON NEWS 『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  5. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです