メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“甲子園の土”持ち帰り「今年はやめて」 センバツ交流試合 コロナ感染拡大防止

第101回全国高校野球選手権で決勝進出を逃し、グラウンドの土を集める明石商の選手たち=阪神甲子園球場で2019年8月20日、幾島健太郎撮影

 日本高校野球連盟は3日、2020年甲子園高校野球交流試合(8月10日開幕、阪神甲子園球場)で、出場した選手たちが持ち帰る「甲子園の土」について、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から「今年はご遠慮いただきたい」との意向を示した。

 春夏の甲子園大会では恒例となっている光景だが、今年は感染防止策として、前の試合の選手がすべて退場した後に次の試合の選手を入場させる措置を取ることや、ベンチの消毒作業が必要なため、時間的な問題を考慮した。球場側と相談の上、出場する32校に後日、甲子園の土を渡す予定だ。

 また、勝利チームの校歌は、選手同士が通常よりも距離を取って並ぶ感染防止策を講じ、歌うことを容認した。【藤田健志】

毎日新聞のアカウント

8月17日の試合

話題の記事

関連サイト