メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

聖光、磐城破り4強 須賀川、福島成蹊、光南も /福島

【磐城-聖光学院】七回裏聖光学院無死二、三塁、小林の左前適時打で舘池が生還=福島市佐原の県営あづま球場で

 高校野球の県独自大会(県高野連主催)は3日、白河市の白河グリーンスタジアムなどで準々決勝4試合があり、4強が出そろった。

 夏の福島大会を13連覇している聖光学院は、今月のセンバツ交流大会に出場する磐城と対戦。エース舘池亮佑投手(3年)の粘りの投球に打線が応え、接戦を制した。須賀川は東日大昌平に七回コールドで快勝。福島成蹊は郡山商を1点差で降した。光南は福島工を無得点で抑え、4強入りを決めた。

 5日は郡山市のヨーク開成山スタジアムで準決勝2試合が行われる。【磯貝映奈】

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです