メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「坊主かどうかは関係ないということ証明したい」愛媛・済美が“脱丸刈り”

試合後、校歌斉唱する短髪姿の済美ナイン=松山市の坊っちゃんスタジアムで2020年8月5日午前11時15分、中川祐一撮影

 「今年から俺らは‼」――。新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園が中止になり、各地で高校野球の独自大会が繰り広げられている中、愛媛県の強豪・済美が丸刈り強制をやめ、注目を集めている。

 多様性を認める時代、高校野球界でも“脱丸刈り”の流れが加速するのを見越した。選手の大半はショートカットで「髪を伸ばし…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです