メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

あす決勝 帝京VS関東一 /東京

【東亜学園-帝京】八回裏帝京1死満塁、代打・菊池のスクイズが相手の敵失を誘い、二塁から沢石(左)が生還し声をあげる=大田スタジアムで2020年8月6日、西夏生撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で中止された第102回全国高校野球選手権の東・西東京大会に代わる独自大会「2020年夏季東西都高校野球大会」は6日、東大会の準決勝2試合があった。昨秋の都大会準優勝の帝京は、東亜学園に逆転勝ち。昨夏の覇者・関東一は大森学園を寄せ付けなかった。ノーシードで勝ち残っていた2校はいずれも敗退した。東大会の決勝は8日の予定。7日は西大会の決勝がある。【猪森万里夏、長屋美乃里、川村咲平】

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです