メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

天理、接戦制し頂点 奈良大付に6-4 両監督、主将の話 /奈良

 (コロナ禍の中開かれた)この大会は甲子園に続くわけではないが、優勝の値打ちが今までとは違う。みんなすごく成長した。5年後、10年後に「出場して本当に良かった」と言える大会になった。

 「県で一番のチームになる」ことを目標に…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 大阪都構想反対の市民団体が発足 自民や立憲との連携も模索

  3. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  4. 「幻の橋」美しいアーチ見納め? 損傷進むタウシュベツ川橋梁 旧国鉄士幌線

  5. 滋賀のアイドル「フルーレット」が30日解散 コロナで延期の卒業ライブ中止 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです