メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

東海大菅生サヨナラV /東京

【佼成学園-東海大菅生】西東京大会決勝、延長サヨナラで優勝を決めて喜ぶ東海大菅生の選手たち=ダイワハウススタジアム八王子で2020年8月7日、吉田航太撮影

 新型コロナウイルスの影響で中止された全国高校野球選手権の東・西東京大会に代わる独自大会「2020年夏季東西都高校野球大会」は7日、西大会の決勝で東海大菅生が佼成学園を降した。東海大菅生は10日の東西対抗戦に臨む。例年と位置づけは異なるが、西大会を制したのは3年ぶり4回目。【猪森万里夏、長屋美乃里】

 ◆西大会

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです