メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球 コロナで辞退、瑞浪高「最後の夏」 中京戦実現に「感謝」 安藤校長、試合申し入れ /岐阜

試合終了後に握手する瑞浪・岡本学和主将(左)と中京・元謙太主将=岐阜県瑞浪市土岐町の中京高校硬式野球部グラウンドで

 生徒の新型コロナウイルス感染が判明し、高校野球の県独自大会の出場を辞退した県立瑞浪高の硬式野球部と、同校が対戦を予定していた中京高の両ナインは9日、中京高の硬式野球部グラウンド(瑞浪市土岐町)で試合を行った。両校の3年生全員が試合に出場。12―5で中京が勝ち、両校3年生の「最後の夏」が終わった。

 瑞浪高は当初7月12日が県独自大会初戦だったが、雨天順延と新型コロナの感染確認により、初戦前日の22日に大会辞退を決めた。対戦相手となるはずだった中京高の不戦勝が決まったが、中京高の元謙太主将…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです