メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで独自大会辞退した瑞浪高に「最後の夏」 校長の申し入れで中京戦が実現 岐阜

試合終了後に握手する瑞浪・岡本学和主将(左)と中京・元謙太主将=岐阜県瑞浪市土岐町の中京高校硬式野球部グラウンドで

 生徒の新型コロナウイルス感染が判明し、高校野球の県独自大会の出場を辞退した岐阜県立瑞浪高の硬式野球部と、同校が対戦を予定していた中京高の両ナインは9日、中京高の硬式野球部グラウンド(瑞浪市土岐町)で試合を行った。両校の3年生全員が試合に出場。12―5で中京が勝ち、両校3年生の「最後の夏」が終わった。

 瑞浪高は当初7月12日が県独自大会初戦だったが、雨天順延と新型コロナの感染確認により、初戦前日の22日に大会辞退を決めた。対戦相手となるはずだった中京高の不戦勝が決まったが、中京高の元謙太主将は「瑞浪が出られないのは悲しい。瑞浪の分まで頑張ろう」と思ったという。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです