メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーヒット報われず 鳥取城北・松村、威力ある直球で攻め貫く センバツ交流試合

【鳥取城北-明徳義塾】鳥取城北の先発・松村=阪神甲子園球場で2020年8月10日、平川義之撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、第2試合は明徳義塾(高知)が6―5で鳥取城北にサヨナラ勝ちした。

 「ノーヒット投球」は、報われなかった。鳥取城北の背番号「10」、先発した右腕・松村は2点を失ったものの、六回を終えて降板するまで明徳義塾に一本の安打も与えなかった。粘り強い投球に応えた打線が一時は逆転したが、チームは土壇場で勝利を逃した。

 二回と五回には、いずれも制球難からピンチを招き、試合巧者の明徳に足を絡めた効率的な攻めで得点を奪われた。先頭打者に四球を与え、二盗と犠打で三塁に進まれ、犠飛で得点される。全く同じパターンだったが、安打を与えなかったことで明徳打線を勢いづけることはなかった。

【鳥取城北-明徳義塾】八回表鳥取城北1死満塁、河西が右中間2点二塁打を放ち、塁上で拳を固める=阪神甲子園球場で2020年8月10日、平川義之撮影

 昨秋の中国大会、松村は背番号「1」ながら右あばら骨の疲労骨折が判明し、登板できなかった。チームは準優勝したが、「自己管理が甘かった」と悔しさを味わった。雪辱を期し、任された甲子園のマウンド。8四死球を与えたが、威力のある直球を軸に攻めの投球を貫いた。

 そんな松村の奮闘に、鳥取城北の強力打線は応えた。八回、3番・河西の2点二塁打など一挙4点を奪って逆転。九回にエースの座を争ってきた背番号「1」の左腕・阪上が痛打を浴び、「最後の試合」を飾れなかったが、集大成の舞台で持てる力を発揮した。【新井隆一】

毎日新聞のアカウント

8月17日の試合

話題の記事

関連サイト