メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球・独自大会

東西対抗戦 東海大菅生、東京王者 九回に劇的逆転 帝京、追加点奪えず 両監督、主将の話 /東京

執念見せてくれた 東海大菅生・若林弘泰監督

 とにかく執念を見せてくれた。八回まで1安打で「このままで良いのか」とハッパをかけた。(最終回に)見事に応えてくれた。彼らがやってきたことは間違いではなかったと証明された。

焦らず我慢できた 東海大菅生・玉置真虎主将

 優勝できて安心した。ただ、今まで人生で一番思いを入れていた高校野球が終わってしまうこと…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです