メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

【鹿児島城西-加藤学園】加藤学園の先発・肥沼=阪神甲子園球場で2020年8月12日、久保玲撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は第3日の12日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、第2試合は加藤学園(静岡)が鹿児島城西に3―1で勝利した。

 九回、1点を返され、なおも2死一、三塁のピンチ。長打が出れば同点の場面にも、加藤学園のエース右腕・肥沼は表情一つ変えなかった。

 迎えた鹿児島城西の9番・長を135キロの外角直球で二ゴロに打ち取りゲームセット。交流試合初となる完封こそ逃したが、チームに甲子園初勝利をもたらした。「最初は緊張したけど、途中から楽しくなってきた」。9回を一人で投げきった絶対的エースは、満足の119球を振り返った。

 危機を目の前にしても「自信があった」という。球の力強さを求めて、積極的に筋力トレーニングに励んできたお陰だ。コロナ禍で練習自粛となった期間にも体重は約3キロ増え、球速も自己最速を4キロ更新し143キロまで伸びた。

【鹿児島城西-加藤学園】加藤学園の先発・肥沼=阪神甲子園球場で2020年8月12日、藤井達也撮影

 しかし、7月12日の静岡独自大会1回戦では先発しながら、まさかの初戦負け。筋力アップした上半身の力に頼った投球は相手打者に簡単にタイミングを合わせられ、「なめた投球だった」と悔やんだ。

 米山監督や捕手の雨宮の「肩の力を抜いて(ストライクゾーンの)奥行きを使え」とのアドバイスで、変化球を得意とする初心に戻れた。交流試合までの約1カ月間、紅白戦などで威力を増した直球を生かすためにカーブやスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を駆使し、打たせて取る投球を取り戻した。この日の交流試合でも、六回1死一、二塁のピンチに5、6番打者を変化球を見せた後に直球で打ち取り、成果を披露した。

 マウンドでは終始、顔をこわ張らせていたが試合後、少しだけ表情を緩めて言った。

 「もうちょっとだけ、甲子園で投げていたかった」【森野俊】

森野俊

毎日新聞東京本社運動部。1991年、静岡県生まれ。2015年入社。大津支局、富山支局を経て20年から現職。高校、大学などアマチュア野球を中心に担当している。高校時代に新体力テストで満点を取ったことも。「体力には自信あり」と自己PRしてきたが、入社以降は戦いの場をオンラインへ移し、目指すはeスポーツ選手?

毎日新聞のアカウント

8月17日の試合

話題の記事

関連サイト